医師の見た医療の政治!それ合ってますか?

政治にしろ、マスコミにしろ常に勝手な発言がされています。現役の医師が現場の意見を元に、医療関係の政治に関してのブログが主になると思いますが、政治以外にも一般の患者さん向けの自分を守る健康法などのトピックスも掲載していきたいと思っております。
記事の依頼なども受付ておりますので、お問い合わせ下さい。宜しくお願い致します。

子宮頸がんワクチン集団提訴へ=国と製薬会社に賠償請求

当時は子宮頸癌ワクチン、つまりヒトパピローマウイルスという子宮頸癌を起こすウイルスが見つかった!さあそのワクチンを人工的に作れたぞ!それを女性が初めてセックスする前に打ったら効果テキメンではないか!なんて感じで世界が騒いでおりました。
そこで我が国としてもそんな素晴らしいものがあるなら取り入れないといけないということで、医学者からはやや疑問をもたれながら政府は推進していきました。


推進し、実行していくうちに、なんかヤバい副作用でてない???という現場の意見がちらちらと聞こえ始め結局定期接種に関してはなくなりましたが、まだ始まったところなので実際ベネフィット、デメリットなんてのは分かりません。


しかし実際この臨床実験のような段階でこのようなことになってしまった若い女性たちには国はしっかりと賠償責任をしてほしいと思います。賠償したって人生奪われたような物です。賠償しきれないとは思いますが。


医師も患者も新しい物が出ると飛びつくのは同じなんです。医師も使ってみたい、患者も今までの効かないから新しいのに飛びつきたいってなるんです。
一刻一刻を争っていますから。


今回は一刻を争っていなかったのでは?
製薬会社も売り込みがすぎるんですよね。


とりあえずこのニュースから学べる事は、医師も患者も製薬会社も本当に困ってる患者さんのために見守ってあげる事は出来ませんか?
薬で一生を失くされたらたまったもんではありませんよ!





以下Yahooより
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160330-00000098-jij-soci
子宮頸がんワクチン集団提訴へ=国と製薬会社に賠償請求―全国4地裁で6月にも
時事通信 3月30日(水)17時16分配信


 子宮頸(けい)がんワクチンを接種した若い女性らが全身の痛みなどを相次いで訴えている問題で、被害者連絡会のメンバーらが30日、東京都内で記者会見し、国と製薬会社2社を相手に損害賠償を求める集団訴訟を6月にも起こす方針を明らかにした。


 
 子宮頸がんワクチンの「副作用」を問う訴訟は初めて。全国弁護団によると、提訴先は東京、名古屋、大阪、福岡各地裁で、現在の参加予定者は12人。4月以降に説明会を開いてさらに原告を募り、早ければ6月に一斉提訴する。


 訴訟では、国によるワクチンの承認や接種費用の助成などを問題視。製薬会社には製造物責任や不法行為に基づいて賠償を求めるという。


 問題のワクチンは、英グラクソ・スミスクラインの「サーバリックス」と米メルクの子会社MSDの「ガーダシル」。それぞれ2009、11年に日本国内で承認された。


 国は10年11月からワクチン接種への公費助成を開始。13年4月からは小学6年~高校1年の女子に接種の努力義務を課す定期接種としたが、痛みやけいれんを訴える声が相次いだ。


 このため、厚生労働省は同年6月から積極的な接種の勧奨を中止。症状を訴える人の実態や、接種と副作用との関連を調査しており、勧奨再開のめどは立っていない。


 会見には、原告となる4人が出席し、深刻な症状を訴えた。山梨県の高校2年生望月瑠菜さん(17)は「やりたいことがたくさんあったのに諦めた。たった1本のワクチンに人生を奪われて本当に悔しい」と涙を浮かべた。埼玉県の大学生酒井七海さん(21)は「国や製薬企業は私たちと向き合い、同じことを繰り返さないでほしい」と語気を強めた。


 問い合わせは全国弁護団、電話03(6268)9550。 

最初の記事です。

おはようございます。
私は医療問題、政治問題と興味のために医師のライセンス、弁護士のライセンスどちらかをとろうと思い頑張って参りました。
その結果として、実際に現場の医療問題から発信するため、医師のライセンスを取得し、このブログを解説するに致しました。
昨今では、医療訴訟、医師不足、また、厚生労働省の管轄では保育所の問題も非常に深い問題になろうとしています。
実際の臨床現場ではもちろん出来るだけの事はしています。
様々な職種からのご意見を頂き、厚生労働省管轄範囲に関してを特に強く議論であったり、またそのエビデンスについて議論をできるブログになって行けば良いと思っています。
実際に、政治が言っている事とは、限界があると私は思っておりますが、できるとことできないところとは、実際に非常に絶妙な判断が必要になると思います。
こういった問題に本気で考えている人にとって匿名性が高いブログというのは、あまり信頼性のおけるものではないという認識であるという事は重々承知しているため、個人的に私にメッセージを頂ければ、匿名性は高く保っておりますが、個人情報の交換により信頼関係を高めていくということは考えております。
実際に現在の医療に関しては、あるところにしわ寄せがあれば、あるところに優遇があり、医療として成立しているとは思いません。
医療と政治に関しての記事についての批判、吟味を主流に書かせて頂きたいと思いますので宜しくお願い致します。